出版物

出版物

『自殺リスクの理解と対応 「死にたい」気持ちにどう向き合うか』(著:ショーン・C・シア、翻訳:鈴木剛子・近藤正臣・富田拓郎、金剛出版)

自殺リスクの理解と対応

定価(本体4200円+税)

 

GCC鈴木剛子が手がけた訳本の2冊目、ショーン・C.シア著『自殺リスクの理解と対応:死にたい気持とどう向き合うか』(金剛出版)。翻訳作業には3年余、要した大作(311ページ)です。

本書が自殺学の分野に一石を投じた由縁は、現場で忙しく立ち働く臨床家向けに、実践的かつ簡略な自殺のアセスメント技法をひも解いている点にあります。自殺念慮を引き出す手法について具体的に書かれた文献は、シアのこの本をおいて他にありません。

自殺者の半数が死亡の一カ月月前にプライマリケア医の診察を受けていたという背景から、また自殺既遂者の95%がその行為の直前に何らかの精神障害を罹患していたということから、先ずは医療者全般、特に精神科医、精神医学の研究者にはぜひ推薦したい逸書です。また、薬物・アルコール乱用治療に携わる専門家や援助者にとっても必読書。

そして、自殺念慮の要因は精神疾患にかぎらず、あらゆる人生途上の危機や苦悩が引き金になっていることから、広くメンタルヘルスケアに携わる多分野の援助者――学校、企業、病院、カウンセリングルーム、障害者相談センター、精神福祉保健センター、高齢者施設、宗教施設など――の方々に、自殺に関する全般的な知識を備え、有効な介入の技法を学んでいただくという意味で、ぜひ本書をお薦めしたいと思います。

もちろん、グリーフ・カウンセラーと、その仕事を志す皆さんには、大いに役に立つ、座右の一書になると信じています。

目 次

  • まえがき
第Ⅰ部 自殺経験:自殺の病因論,現象学,リスク要因
  • 第1章 自殺:究極のパラドックス
  • 第2章 メールストロームへの転落:自殺の病因学と現象学
  • 第3章 リスク要因:死の前兆
第Ⅱ部 自殺念慮を引き出すために――その原則、ならびにテクニックと戦略
  • 第4章 面接にのぞむ心構え「自殺をタブー視していないだろうか?」
  • 第5章 有効な情報を得る技法:話しにくい秘密を明かしてもらう簡便な方法
  • 第6章 自殺念慮を引き出すには:実践的技法と効果的戦略
第Ⅲ部 実践的リスクアセスメント――柔軟な戦略と確かな記述
  • 第7章 総括:安全で効果的な意思決定
  • 訳者あとがき

図書関連サイト

金剛出版

『〈大切なもの〉を失ったあなたに 喪失をのりこえるガイド』(ロバート・A・ニーメヤー著、鈴木剛子訳、春秋社)

『〈大切なもの〉を失ったあなたに 喪失をのりこえるガイド』

定価(本体2300円+税)

 

GCC代表・鈴木剛子の翻訳によりグリーフ・カウンセリングの世界的第一人者ロバート・A・ニーメヤーのグリーフのガイドブックが初めて日本に紹介されました!! 好評発売中

どんなことがあっても、自分らしく生きるすべがある。
愛する人との死別、離婚、失恋、失業…。
かけがえのないものを奪われた時、一体何ができるのか。

斬新な理論と豊富な臨床事例から喪失の本質を見つめ、自分なりのやり方で一歩を踏み出すヒントを満載した希望のガイド。心の混乱を整理する演習問題つき。

目次より抜粋

日本語版序文: アルフォンス・デーケン

1章: グリーフと向き合う人のために

1. 喪失を体験すること
2. 愛すること、愛を失うこと
3. 失業と社会的役割の喪失
4. グリーフとの向き合い方とその内容
5. 喪失の環境と周囲とのつながり
6. 儀式の意味と自己再生へ向けて

2章: グリーフ・ケアに従事する人のために

1. 喪失体験、そして新たな生きがいを求めて
2. 生きがいを見つけるための文化的要素

3章: 自己でできるグリーフ演習

 

本書は現在品切れでご迷惑をおかけしますが、3月に重版が決定、まもなく入荷予定です

 

『スピリチュアルケア ことばと物語からの実践』

診断と治療社 定価(本体2800円+税)

 

 

本書は、ホスピス・緩和ケアに携わる医療者、宗教家、スピリチュアル・ワーカー、および、遺された家族のケアに関わるグリーフ・カウンセラー,各種療法家たちが、それぞれの立場で「スピリチュアルケアの実践とは?」というテーマに取り組み、自己の経験に基づき、分担執筆しています。筆者それぞれが思考し,実感している「スピリチュアルケア」の意味と、その多様性に触れることができるお薦めの一書です。

鈴木剛子は、グリーフ・カウンセラーとして、『トラウマ的死別とスピリチュアルケア』(p.112〜)について論文を上梓しました。『グリーフケアは、スピリチュアルケアそのもの』といわれますが、その由縁を、事例を紹介し、構成主義・ナラティブ・セラピーをひも解きながら論じています。

Copyright © Grief Counseling Center. All Rights Reserved.